指標発表による急激な動きを狙って稼ぐ方法

指標発表狙いで稼ぐ方法

経済指標発表には要注意!

 

スキャルピング、デイトレードなどの短期トレーダーは、経済指標発表に注意しないと痛い目を見ます。

 

ポジション保有中、チャートを見ていたら、突然ロウソク足が大きく上下に振れだし、あっという間にロスカットされてしまう。

 

私も何度か経験しました。^^;

 

もし逆指値(ストップロス)を入れていなくて、相場がどんどん反対方向に進んでいってしまった時には、もう大変!

 

損切りしたくても、損失が大きくなりすぎて、心理的に回復を期待してしまい、なかなか損切りの決心が付きません。

 

耐え切れなっくなって、ようやく仕方なく損切りしたところ、急に戻りだすということもよくあります。
本当に腹が立ちますよね!

 

各国の突発的な事故や突然の要人発言

ただ、各国の突発的な事故や突然の要人発言には一般トレーダーは対応しようがありません。
このような時は潔く諦めるしかないですね。

経済指標発表狙いをヤマカンでやるのは危険!

 

経済指標発表の時刻は予定表を見れば予め分かります。

 

それを見越して指標発表前に指値で買いか売りのどちらかのポジションを取る予約を入れておくこともできます。

 

利益が出る方向にうまく動けば大儲けできます。
しかし、逆に動けば大損か、強制ロスカットで相場から一発退場なんてことも起こりえます。

 

これがFXの恐いところです。

 

なので、強制ロスカットで相場から一発退場なんてことにならないように適正ロットで資金管理することが必要です。

 

 

 

ならば、両建てすればいいではないか、と思ったあなたは鋭いです!

 

しかし、指標発表による相場の急変動は、上昇下落、どちらか一方向あればまだいいのですが、
上下に振れることもよくあるので、あっという間に両方とも飲み込まれてしまう可能性もあります。

 

ということで、経済指標発表狙いを何の根拠もなくヤマカンでやるのは、丁半博打以下の自爆行為ですのでやめたほうが無難です。

 

経済指標発表時に為替レートの大きな動きを利用して稼ぐ方法

短期トレーダーにとっては爆弾のような存在の「経済指標発表」ですが、
この経済指標発表時の動きを読んで、為替レートの大きな動きを利用して稼ぐ方法、ロジックも存在します。

 

どちらに動くかの読みや瞬時の動きで確実に約定できることを追求したソフトやシステム、少し落ち着いてからの動きを狙うEAなど、
世の中には、いろいろなロジックを考え、EAやシステムを作る方たちがいます。

 

ロジックやシステムによって当たる確率もまちまちで、勝率60%ぐらいのものもあれば、95%ぐらいの確率で当てるものも存在します。

 

プログラムが作れない一般庶民は、こういった方たちの作ったものを利用させてもらうのが手っ取り早いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

経済指標発表狙いに特化して稼ぐメリット

経済指標発表狙いだけで稼いでいる人もいます。

 

経済指標発表狙いに特化して稼ぐメリットは

 

・1回で瞬間に大きな利益が期待できる
・ポジションの保有期間が非常に短いので、大暴落などの一般的な大きな相場変動の影響を受けにくい
・ポジションの持ち越しがないので、含み損を抱えたまま過ごすということがなく心理的に安心

 

といったところです。

 

 

指標発表狙いで稼ぐ方法記事一覧

FX経済指標トレードツール「AX」

(2015年11月20日記)FX(外国為替)で指標発表結果を瞬時に捕らえるFXトレード支援ツール「AX」(アルファエックス)というソフトが人数100人限定で販売されています。AXは指標発表とほぼ同時に結果を捕らえるトレードツール(ソフト)です。指標発表の予想データから 「売り」「買い」を判断し設定し...

≫続きを読む

 

実際稼げているおすすめFX手法・EA・システム


FXプラチナファンド・パーフェクトコピー【PFPC】


PAMM口座ではなく、コピートレードです。自分の口座で運用できます。

FXプラチナファンド・パーフェクトコピー

トレードせずに月利12%利益獲得!

FXプラチナファンド・パーフェクトコピー結果

最近の実績1
最近の実績2




「投資に興味があり、これから投資をはじめる人」
「すでになんらかの案件に投資している人」
「過去、なんらかの投資案件で詐欺にあった人」

投資詐欺、運用失敗、元金割れ、解約拒否…世の中の危険な投資情報を入手することができれば、投資で失敗する可能性は減ると思いませんか?

下記バナーより、TJ公式メールマガジン 投資の“KAWARA”版.comに登録してみてください。
登録してみて損はないと思います。

優良案件や詐欺案件を知ることができて、結構参考になりますよ。

>>続きを読む











ホーム RSS購読 サイトマップ